MaaSの概要とビジネスモデル

現在、私たちの社会ではモノやサービスを「所有する」ことから「利用する」ことに考え方がシフトしているといわれています。
当社が属するIT業界でも、ソフトウェアという製品を買取るのではなく、利用したサービスに対して、課金するビジネスを提供しています。
利用を前提としたビジネスは、ソフトウェアなどのデジタル領域だけではなく、音楽やファッションなどの非デジタル領域でも広がっています。そのなかで大きく発展を見せているサービスは、ライドシェアやカーシェアを代表とする移動サービスではないでしょうか。
簡単に説明すると、ライドシェアとは自動車を利用したい人々が1台の自動車を相乗りできるサービスで、カーシェアとは自動車を利用したい人々が自動車を借りることができるサービスです。
近年海外では、ライドシェアやカーシェアのみならず、タクシーやバスなどの移動サービスを1つのサービスとしてとらえ、利用者に移動サービスを提供する「MaaS」という考え方が誕生しています。
今回は、MaaSについて概要とビジネスモデルをまとめました。

MaaSで実現できることとは何か

私たちは、目的地までの移動に電車やバスなどの移動サービスを利用しています。
一般的には、移動サービスを利用する場合、事前に目的地までのルートを調べて交通系ICカード、現金、クレジットカードで料金の支払いをします。
MaaSでは、目的地までのルートを調べて、電車やバスなどの個々の交通機関に料金の支払いを行っていたことが、スマートフォン上のアプリから済ませることができます。
そして、目的地までに利用する移動手段を複数の移動サービスの中から選択できます。

つまり、MaaSは利用者の利便性を高め、移動の効率化を実現することに期待されています。
また、ライドシェアなどのシェアリングサービスを利用することで、ドライバーの人手不足で悩む地域の移動手段や自動車以外の複数の移動サービスから移動手段を選択することで、都市の交通渋滞の緩和などに役立つことを期待されます。

また、従来の移動サービスでは、ヒトとモノを目的地まで届けることをサービスとして提供していましたが、MaaSを実現することで利用者の移動データを記録することができるようになります。
そのため、集めたデータを活用し、利用者のニーズに合わせた周辺ビジネスとサービスの連携を図ることも期待されています。
ビジネス面以外でも、どの時間に移動が集中するのかといった移動データを参考に、都市の街つくりの計画にも移動データを活用できる可能性があります。

MaaSのビジネスモデル

日本市場でのビジネスモデルが確立されていないため、ここではMaaSの概要や海外の事例を参考に想定されるビジネスモデルを記載します。

MaaSを実現するためには、移動サービスの利用者と移動サービスを提供する交通事業者(交通事業者やライドシェア事業者など)、これら2つの需要と供給を結びつけるサービス事業者(以下プラットフォーマー)の3者が必要になります。
ビジネスモデルの仕組みとしては、プラットフォーマーが利用者に対して、移動サービスを提供するためのルート案内や予約、決済機能などを包括的に提供し、利用者と交通事業者とを結びつけます。
MaaSを利用する場合には、利用者はプラットフォーマーに対してサービスの料金を支払います。
利用者からサービスの料金を得たプラットフォーマーは移動サービスを提供した個々の交通事業者に対して、料金を支払うことで交通事業者は収益を得ます。

また、海外ではプラットフォーム上でのルートの検索から予約、支払までの仕組みを提供するだけではなく、利用者のニーズに応じた料金プランを定額制で利用者に提供するプラットフォーマーも誕生しています。

まとめ

移動サービスに関して、数年前までは、自動運転などの自動車のテクノロジーが注目されていました。
近年になりMaaSという新たなトレンドが海外から届き、海外での成功事例を参考にしながら日本でもビジネスモデルを模索する状況となりました。
今回は、自動運転などの自動車のテクノロジーに関して紹介していませんが、これらのテクノロジーがMaaSでも利用できるようになれば、より便利な移動手段の実現が予想されます。
また、MaaSは利用者にとって便利な移動手段の実現というだけではなく、将来的には社会課題の解決とも結びつくことが予想されますので、今後の海外企業や日本企業の取り組みに注視していきたいと思います。

筆者プロフィール

三角 啓太
三角 啓太ビーブレイクシステムズ
自社開発ERPパッケージシステム「MA-EYES」の営業担当を経て、現在はフリーランス向け案件紹介サービス「Humalance」の営業を担当

フリーランス向け案件紹介サイト

Humalanceはフリーランス、起業や副業を検討中の向けの案件紹介サイトです。週2~の案件やオープン系、AI・ビッグデータ関連の案件など、様々な案件をご紹介しています。登録いただくとひとりひとりにあった案件をご紹介します。
お役立ちコラムも掲載していますので、ぜひご覧ください。