富士見森のオフィスに見るこれからの働き方

「富士見 森のオフィス」という長野県のコワーキングスペースを利用しました。本記事では体験レポートを紹介します。

はじめに

森のオフィス については、面白い取り組みをたくさん行っているコワーキングスペースということで以前より興味を持っており、今回機会があり利用しました。
当初記事を書くことは予想していませんでしたが、あまりに素敵な働き方を実現されていて“是非たくさんの人に知ってもらいたい” という想いから、本体験レポートを書くに至りました。

施設紹介

途中で休憩を挟みつつ東京から車で向かうこと2時間強、自然に囲まれた森のオフィスに到着しました。
スタッフの方が温かく出迎えてくれました。

もともとは武蔵野大学の林間学校用の施設であったところを改修したそうです。

自由に使える会議室があり、コーヒーもセルフサービスで飲むことができます。
Wifiの強度も十分。
これだけ設備が充実しているにも関わらず、一日700円は安いと感じました。

1か月、1年など期間を長くするとさらにお得になります。

森のオフィスは人と地域、人と企業、人と行政を繋ぐハブのような存在となっています。
能力を活かしたい、何かやりたいことがある、解決したい問題がある、そのようなニーズをアピールすることができ、それぞれプロジェクトとして希望者が参加することができるようになっているそうです。

これまでのプロジェクトで誕生したものが展示・販売されていました。
壁には、できること・やりたいことなどが書かれた紙や名刺が貼られています。

森のオフィスでのイベント(動画講習発表会)

森のオフィスでは、毎日様々なイベントが開催されています。
この日は運良く動画講習の最終発表会の日で、飛び入りで参加させてもらいました。

この動画講習もプロジェクトの一つで、3度目の開催になるそうです。
富士見町の魅力的な人を取材し、動画と記事で発表をするという内容になっています。
とても初心者の方が作成したと思えないほど動画の完成度が高く、作成にあたり苦労した点などのお話も参考になりました。
実際に取材を受けたご本人が登場するなど盛り上がり、楽しく拝見しました。

インタビューを受ける側としても、自身の宣伝に繋がるだけでなく、地元を代表する魅力溢れる人として取り上げてもらえるのは嬉しいことだと思います。
さらに作成した動画を配信することで多くの人に富士見町の良さを発信することができます。動画講習の内容もさることながら、win-winでしかないプロジェクトのコンセプトに感動を覚えました。

取材の方法、動画の素材集めから編集方法、分かりやすく伝わる文章で書く方法、人前で発表する経験…筆者自身も欲しいスキルです。
講師の方もプロの方達で、プレゼン後には一人ひとりからフィードバックをもらえる豪華な講習会、受けてみたいと思わずにはいられませんでした。

宿泊施設

今回は森のオフィスlivingに宿泊もしました。
個別の部屋が全部で4つあり、部屋とは別に共有スペースを自由に使うことができます。

共有スペースにはキッチンがあり食器は一通りそろっているので、食材を買って自分達で調理することもできます。
この日は他の宿泊者がいなかったので貸し切り状態でした。

暖炉もありました!

部屋にはロフトがあり、3名まで泊まることができます。ベッドの寝心地が最高でした。

コワーキングスペースだということを一瞬忘れてしまうほど、宿としての質が高く お財布にも優しいので 是非また利用したいと思いました。
(いつか会社のイベントで使いたいと企んでいます。)

おまけ

森のオフィスで働いている方が親切にオススメのご飯屋さんを紹介してくれました。
実際に行ってみるとオススメなだけあって本当に美味しく雰囲気もとても良いお店でしたのでご紹介します。

手打ち蕎麦 彩春(つくし)

十割蕎麦は手打ちでしか出せないコシがあって、しっかりと蕎麦の味がします。
天ぷらもサクサクで絶品!

 

八ヶ岳カントリーキッチン

お店の外観も内装もとても可愛らしいお店です。

朝食にいただきました。どれも美味しかったのですが、特に野沢菜のウインナーと濃厚エビのスープの美味しさは忘れられません。

まとめ

「森のオフィスへ行く予定があるので、もし良ければ一緒に」と友人に声を掛けてもらったところから、まさか記事を書くことになるとは全く想像していませんでした。
とても素敵なコワーキングスペースに魅了されてしまい、森のオフィスの影響で遠方から移住したという方が多くいらっしゃるのも納得できます。

スタッフの方もオススメの場所を積極的に紹介してくれたり、富士見町を思う存分楽しんでいってほしい!という気持ちと、富士見町に対する熱い想いが伝わってきました。
スペースにはコワーキング利用者の方達が経営されているお店と思われるチラシや名刺などがたくさん置かれており、至るところに地域の繋がりを感じました。

「富士見 森のオフィス」は仕事をする場所を提供するという“コワーキングスペース”本来の役割を超えて、人・企業・行政の繋がりや、地域の方達の交流の場としてハブの役割をしています。
個々が自主的に楽しみながら働いて、結果として地域の活性化に貢献するという 理想的な働き方をまさに実現している成功モデルだと言えます。
森のオフィスを訪れた方がアイディアを持ち帰り、どんどん発展しながら輪が広がっていって、今後日本中に影響を与えていくのではないでしょうか。

筆者もまた、そんな時代を作っていく一員になりたいと思いました。

 

富士見 森のオフィスURL
https://www.morino-office.com/

筆者プロフィール

p
ビーブレイクシステムズ クリエイティブ担当
元営業、現在はウェブサイト周りや販促物などデザインが関わるところを担当しています。フットワークの軽さだけで生きています。

フリーランス向け案件紹介サイト

Humalanceはフリーランス、起業や副業を検討中の向けの案件紹介サイトです。週2~の案件やオープン系、AI・ビッグデータ関連の案件など、様々な案件をご紹介しています。登録いただくとひとりひとりにあった案件をご紹介します。
お役立ちコラムも掲載していますので、ぜひご覧ください。