オフィス向け複合機を機能拡張して働き方改革を支援 クラウド型MFP機能拡張プラットフォームを本格展開

キヤノン株式会社 (2018年9月3日 13時00分配信)

キヤノンは、オフィス向け複合機(※1)の機能を拡張するクラウド型MFP機能拡張プラットフォーム(※2)を本格展開します。これに合わせ、本プラットフォームで新たに機能を提供する新サービスとして、“uniFLOW Online Basic Scanningパック/Advanced Scanningパック”(※3)を本日より発売します。

imag

プラットフォーム(イメージ図)

働き方改革の推進とIoTやクラウドといったインフラの普及により、クラウドサービスを活用する企業が年々増えています。こうした中、キヤノンはオフィス向け複合機(以下、MFP)を対象としたクラウド型MFP機能拡張プラットフォームを本格展開します。セキュリティを確保しながら、複数のMFPやクラウドサービスを本プラットフォーム上で統合し、MFPの機能拡張が可能となります。これにより、テレワークや在宅勤務、外出先での業務を想定したモバイル環境対応、スキャン業務の効率化、管理業務の負荷軽減など、オフィス業務を強力にサポートします。今後も新たな機能を提供していくことで、最小限の投資で業務効率化を進めたい中小企業から大企業まで、多様化する業務に柔軟に対応していきます。

■ クラウド上でMFPの機能を拡張できるプラットフォーム
機能をMFPに組み込むのではなく、クラウド上で拡張できるプラットフォームです。例えば、モバイル端末からの印刷や、スキャン文書にOCR(光学文字認識)や傾き補正などを行う画像処理及びMicrosoft Officeフォーマットへの変換処理、更に複数のMFP利用状況を一括管理できる機能などを付加できます。

■ 外部クラウドサービスと接続するクラウドコネクター機能
外部クラウドサービスとMFPを連携させる機能です。例えば、パソコンを使用することなく、MFPからの操作だけで、スキャンした文書を外部ストレージや、経費処理など特定業務に特化した外部サービスへ送ることができます。接続できるサービスは今後も拡張予定です。

なお、オフィス向け複合機「imageRUNNER ADVANCE Gen3 2nd Edition」(2018年1月発売)は本プラットフォームへの接続機能を標準装備しており、本体設置時、専用ボタンを使って簡単に機能を有効にできます。

※1 対象は、「imageRUNNER ADVANCE」シリーズ(2009年9月以降に発売された製品)。
※2 本プラットフォームで提供する機能は本体標準(無償)とオプション(有償)があります。
※3 詳細は商品のホームページをご参照ください。canon.jp

発表元企業のプレスリリースの情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。