いまおすすめしたい記事をピックアップ【2023年1月】

WORK-PJ編集部がいまおすすめしたい記事をいくつかピックアップして紹介したいと思います。見逃している記事があれば、ぜひチェックしてみてください。

 

2022年、企業はどのようなテーマでERPシステムの導入を検討したのか

ビーブレイクシステムズはクラウドERP「MA-EYES」を開発・販売しています。その提案・営業活動の中でリアルに感じた「なぜ企業はERPシステムの導入を検討しているのか」をご紹介した記事です。
他の会社がどのような目的で業務システムを検討しているのか興味がある方はご覧ください。

 

2022年1月から電子帳簿保存法の何が変わる?改正のポイント解説【2022年12月最新情報追加】

改正電子帳簿保存法が施行されて一年。様々な質問や要望が寄せられているようで、国税庁から適宜一問一答などが公開されてきました。先日取りまとめられた「令和5年度税制改正」においても、いくつ見直しが入りました。最新情報を記事に追加しましたので、ぜひチェックしてみてください。

 

統合型業務管理システムで管理する案件毎の原価管理について

この記事ではシステム開発業や広告業において分散している原価情報を統合型業務管理システムにてどのように管理すべきかを紹介しています。
企業の利益を正しく管理するためには正確な原価の把握は必要不可欠です。システムを活用するとどのように原価を管理することができるのか具体的に解説しています。

 

気になる記事はありましたか?今年もいろいろなテーマの記事をアップしていく予定なので、お楽しみに。

クラウドERP「MA-EYES」の最新バージョン3つのポイント!

2022年クラウドERP「MA-EYES」が大型バージョンアップしました!
本記事ではIT業・広告業の方向けに、MA-EYESの新しいバージョンの3つポイントについてご紹介します。

また、MA-EYESにおける電子帳簿保存法やインボイス対応についても、解説しています。