ビーブレイク、Web会議システム「LiveOn」の販売を開始 企業の働き方改革を支援

株式会社ビーブレイクシステムズ(2019年9月5日 11時00分配信)

株式会社ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区 代表取締役:白岩次郎 東証マザーズ上場:証券コード3986 以下「ビーブレイクシステムズ」)は、ジャパンメディアシステム株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:富樫泰章 以下「ジャパンメディアシステム」)と販売代理契約を締結し、ジャパンメディアシステムが提供するWeb会議システム「LiveOn」を本日より販売開始することをお知らせいたします。

■Web会議システム「LiveOn(ライブオン)」とは
ジャパンメディアシステムが開発・販売しているWeb会議システムで、インターネットにつながる環境があれば、どこからでも簡単に利用できます。PCやスマートフォン、タブレット端末からの参加が可能で、双方向での映像・音声だけでなく、他ユーザとのファイル共有やホワイトボード機能などの多彩な標準機能を月額3,000円(税別)の定額で利用できます。

LiveOn製品サイト(https://www.liveon.ne.jp/)

■ビーブレイクシステムズにおける「LiveOn」
ビーブレイクシステムズではこれまで自社開発製品であるクラウドERP「MA-EYES」を通じて、企業の業務の効率化や生産性向上をサポートしてまいりました。その活動の中で、テレワークやリモートワークなど社員が様々な場所で仕事を行うことを検討・推進する企業が増えていると同時に、社員間のコミュニケーションに不安を感じているという声を耳にする機会が増えていました。

今回新たに販売代理契約を締結したWeb会議システム「LiveOn」を活用し、社員間のコミュニケーション促進をご提案することで、企業の働き方改革をこれまで以上にご支援してまいりたいと考えています。