クラウドERP「MA-EYES」などがIT導入補助金2022の対象ツールに登録されました

株式会社ビーブレイクシステムズ(2022年5月27日配信)

ビーブレイク提供のクラウドERPMA-EYES」などが IT導入補助金2022の対象ツールに登録

株式会社ビーブレイクシステムズ(本社:東京都品川区、代表取締役:白岩次郎、証券コード:3986、以下「ビーブレイクシステムズ」)は、ビーブレイクシステムズが提供するクラウドERP MA-EYESやクラウドワークフローシステムMA-EYESなどが、経済産業省・中小企業庁が推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(以下「IT導入補助金2022」)」の補助金対象ITツールとして登録されたことをお知らせします。

 

クラウドERP MA-EYESとは

プロジェクト管理を中心に企業の業務全般をサポートするERPシステムです。業種や導入方法によって複数のシリーズを展開しています。企業の業務の効率化と生産性の向上に貢献いたします。

MA-EYES 製品サイト:https://www.bbreak.co.jp/maeyes/

 

クラウドワークフローシステムMA-EYESとは

多段階承認や代理承認、条件分岐などニーズにあった承認プロセスを実現できるワークフローシステムです。申請フォームはドラッグ&ドロップで簡単に作成することができます。また、他の業務についてもシステム化したい場合には、システムを拡張することが可能です。

クラウドワークフローシステムMA-EYES 製品サイト:https://erp.maeyes.info/wf/

IT導入補助金2022とは

IT導入補助金は、生産性向上のために中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツールを導入する経費の一部を補助するものです(補助金申請には審査があります)。

詳しくはIT導入補助金2022サイトにてご確認ください。

 

IT導入補助金2022サイト:https://www.it-hojo.jp/

 

今年のIT導入補助金の対象ツールとして、ビーブレイクシステムズのクラウドERP MA-EYESやクラウドワークフローシステムMA-EYESが登録されました。

IT導入補助金の申請方法や補助金対象の製品・サービスについては、特設ページ「 IT導入補助金について 」ご覧ください。

IT導入補助金について|クラウドEPP MA-EYES

 

またIT導入補助金活用セミナー(オンライン)も開催中です。そちらもぜひご活用ください。

IT導入補助金2022活用セミナー~補助金を活用し、ワークフローシステムから始めるテレワーク・社内DX推進~

※次回開催は6月21日(火)を予定しています。